マンションの最終選定の前に、専門家のチェックを

一番大事なのは建物として安全かということ

マンション選びのポイントは立地、日当たり、間取り、などいろいろありますが、死活問題となるほど大切なのは、安全な建物かどうかでしょう。わが国は地震が多いので、しっかりした構造で建てられたものかということが最も気にすべきことですよ。公的な審査を通ってる、長期保証がついてる、ってことだけでは十分ではなかったですね。あの日本中で大騒ぎになった一級建築士の例では。あんなことまで想定できない、じゃあどうすればいいのかってことになります。

餅は餅屋にーー素人ではとてもわからない

建物の土台がしっかりしていないと、平時でも傾いたり、地震で大きく損壊したりする可能性があるわけですから、これは健康とか生命にもかかわる大問題です。ここを一番注意して選ぶべきでしょう。ここ最近話題になった傾きマンションでは、大手会社が販売していたものだったから、全棟建て替えという対応になり迷惑料も考慮されるみたいですけど、そうじゃなかったら、「選んだ人の自己責任」なんてことになりかねません。やはり購入決定の最終段階で、第三者の専門家のチェックを受けたほうがいいですよ。

専門化のチェックには費用もかかるけれど

欠陥住宅問題をテレビで取り上げてたとき、出演した専門家が、欠陥住宅をつかまないためにはどうすればいいか、という問いに対してひと言「買わないことですね」と言っていて、結局そうなんだろうなあ、なんて思いました。でも、賃貸用マンションだと壁が薄いとかそういう傾向もあるようで、希望した場所には分譲しかないとか、そうしたいろいろな事情でマンション購入をするひとは大勢います。せめて購入前に、第三者の建築家の組織に建物としての安全性を見てもらいましょう。それなりに費用はかかりますが、大きな買い物です。仕方ありません。

盛岡のマンションは立地条件の良い場所にあるため、非常に人気が高い特徴があります。周辺には様々な施設があります。

コメントは停止中です。